今、多くの女性に人気があるプリザーブドフラワーをご存じでしょうか。
もともとヨーロッパを中心に考案されたプリザーブドフラワーは、ヨーロッパ周辺での気候や環境下で適したものであると言えます。

ここ日本の環境下では、一年を通しての季節など温度変化がありますし、梅雨など湿度の高い時期もあるためプリザーブドフラワーに適した環境であるとは言えないのです。

今もなお生きた花をもとに造っていますので、常に吸水性という性質を考えておかなければなりません。

iemo情報を簡単に請求できます。

その特殊な加工には、グリセリンが使われていることを知る必要があります。

また花としての特性から水分に混ざった栄養分を吸収すること。

水分を吸いあげることを念頭におくべきです。
プリザーブドフラワーで表現されている色合いはオーガニック色素に左右されますが、湿度があがることで吸水性が高まるとオーガニック色素を保っていたグリセリンは抜け落ちることになり色合いを維持できなくなります。

つまり、日本の環境のように高温多湿な条件下では、フラワーの良いところは維持できないのです。
また室内環境下でエアコンの風も同様にプリザーブドフラワーには、さまざまな影響をもたらすでしょう。

今あげた内容から判断すると、オーガニック色素で色付けされたこのフラワーは真の生け花と比べても決して強い花とは言えないのです。

また花にはさまざまな種類がありますが、プリザーブド状に加工できる花は、それほど多くはありません。

プリザーブドフラワーに関する情報を提供中です。

本来は、繊細な花に対する加工ですので丁寧に扱われることをおすすめします。